You are here: Home » WiMAXとE-Mobileの通信速度を比較する

WiMAXとE-Mobileの通信速度を比較する

WiMAXとE-Mobileは、モバイル通信のライバルとして速度や料金等さまざまなサービスを競い合っています。
この2社が対応している通信方式と通信速度を比較すると、WiMAXがWiMAX 2+の下り最大110Mbps/上り最大10Mbps、WiMAXの下り最大40Mbps/上り最大15.4Mbps、LTE(au 4G LTE)の下り最大75Mbps/上り最大25Mbpsです。
E-Mobileは、XGP規格のEMOBILE 4が下り最大110Mbps/上り最大10MbpsG、LTEの下り最大75Mbps/上り最大25Mbps、3Gの下り最大42Mbps/上り最大5.8Mbpsの3Gが利用出来ます。
しかし、この数値はあくまで理論上の最大値であり、WiMAXとE-Mobileのどちらかが早いという事ではなく、高速通信可能なエリアが限られたり、通信をする場所によって変動します。
また、電波状況は通信速度に大きく影響し、wimaxの電波は直進性が高いので屋外に強く、emobileは遮蔽物への強さ、電波の届きにくい環境や屋内に強いというのが特徴です。
emobileは、ユーザーが多い為、利用者の過密状態で通信が遅い場合があります。
クラウドサービスや動画サイト等の普及により、扱うデータ容量が大きくなっている中、高速に通信出来る事と対応エリアの広さはモバイルルーターを選ぶ際の重要なポイントとなります。

Page maintained by